ホーム > 教育内容

モンテッソーリ教育 -montessori method-

モンテッソーリ教育とは、イタリアの最初の女性医学博士であり精神医学者であったマリア・モンテッソーリ(1870~1952)が、子どもを観察する中で子どもの「生命の法則」に目をとめそれにかなった理論と実践を展開した教育方法です。
子どもは自分の成長に必要なものはその環境の中から吸収、獲得していきます。子どもは強い内的エネルギーをもっていて一人ひとりの発達欲求にそった適切な環境と援助があれば、自ら成長発達していきます。
子どもが自分の内なる欲求にあったものを自ら選び活動する時、その学びは楽しく喜びであり意欲や集中力へと結びついていきます。自分で学んでいこう、自分で考えていこうとする子どもが育っていきます。

それでは3歳から6歳までの子どもには、どの様な環境が必要なのでしょう。

子どもは「自分でやれるようになりたい、できるようになりたい」という強い願いを持っています。また、お父さんやお母さんと同じような仕事が大好きです。子どものサイズに合わせた魅力的な教材で手をしっかり使い、自由に納得するまで取り組むことにより、自分の体の動かし方、身のまわりの道具の使い方、自分の身の整え方、自分の意志ですべての動きをコントロールする力などを身につけていきます。

マリア・モンテッソーリは3歳から6歳を感覚の敏感期と位置づけ、ユニークな教具を準備しました。匂い、音、手触り、色、味、これらのものは子どもにとってみな新鮮でわくわくするものです。自分を取り巻く世界を身体中で感じながら教具を使い、整理し、言葉と結びつけていきます。

また、普段の生活の中で漠然と親しんでいる数に対してもこの年齢に沿った環境、つまり具体的で魅力的な教材を準備することによって、楽しみながら数概念を把握していきます。これは単に算数が出来るようになることを目的にしているのではなく、その過程を通して判断力や論理的な思考力を育てていくことが狙いなのです。

言語の敏感期は3歳頃だと言われています。段階を追った教材を使いながら、自然に読み書きが出来るようになっていきます。母国語を身につけるためにも、文化を受け継ぎ引き継いでいくためにも大事な活動です。

上記のいろいろな分野のお仕事を土台にして、子どもの好奇心は更に広がっていきます。私たちの住んでいる地球について、歴史について、生き物について等々です。どれも皆、子どもにとっては興味深いものばかりです。

こうして子どもたちは内的な欲求に対して整えられた環境とかかわりながら、1つ1つを満足するまで自分のペースで全人格をかけて取り組み、様々なことを獲得していきます。こうして子どもは深いレベルで心充たされ、心の平和な子どもへと育っていきます。これらの内面に積み重ねられていく精神性が子どもの人格を形成していくのです。子どもはこの時期、学びながら自分自身を創造していると言えるのです。

これらの物的環境と並び、人的環境もとても大切です。モンテッソーリクラスでは能力、発達の違いのある3歳、4歳、5歳の混合クラスで構成され、その中で子どもがお互いに認め合い補い合って、家庭的な雰囲気のもとに沢山の体験をします。自分の少し前を歩いていく年長への憧れ、年少へのいたわり等尊敬や感謝を自然に体験し、社会の一員としての豊かな心が育っていきます。教師や両親の役割が大きいことは勿論です。

この時期、子どもがどんな大人に囲まれているのかが、その子どもがどんな大人になっていくかの鍵であると言えます。

photo_montessori photo_montessori

宗教教育 -religious education-

宗教教育はモンテッソーリ教育と並んで世田谷聖母幼稚園の2つの柱の1つです。


1日の中で子どもたちは折にふれ、祈りながら園生活を送ります。

目標として「清く、明るく、強く」を掲げ、キリスト教的価値観に基づいた明るく素直な調和の取れた心の発達を目指しています。


私たちが頂いている恵みに気づき感謝できること。お父さま、お母さま、お友達、先生など多くの関わりの中で、自然に「ありがとう」、「ごめんなさい」と言えること、そして困っている人や寂しい人に心をかけることができる子どもを育てていきます。


宗教教育を通して、1人1人の子どもが神様からかけがえのない存在として愛されていること、許されている存在であること、保護されている存在であることを感じて欲しいと願っています。

photo_religious pho_religious